コミュ障女子、婚活して結婚して母になる。

コミュ障女子が婚活して結婚。2014年5月に長男、2016年7月に二男が誕生。育児と仕事に追われる毎日。

婚活男性は共働き希望?専業主婦か兼業主婦か

** 婚活男性は共働きを希望する人が多い

理梨子的統計ですが(笑)

メールのみで終わった方、実際にお会いした方、合わせると30人くらいでしょうか。

ほぼ全員が共働きを希望しているようでした(はっきり訊いていない人もいますが)

昔のように年功序列で収入が増えるわけでもなく、30代中盤から後半まで独身でいて、いきなり専業主婦の妻を養うのは相当な覚悟が要りますよね。

婚活女性も仕事をしている方が有利

1、共働きを希望する男性が多い
2、社会的信用を得られる

以上の二点から女性も仕事をすることをお勧めします。
以前読んだ婚活ブログで、管理人の女性ブロガーさんが「年収の高い男性なのに、どうして女性が仕事をしていることにこだわるんだろう」と書かれていたんです。

いや、婚活で出会った身元の定かでない女性が無職だったら男性だってどこを信用していいか分からなくて不安だろう…と当時の理梨子は思いました。

結婚後仕事を続けるかは別にして、婚活中は仕事をしていた方が断然有利です。婚活より就活を優先した方がいいくらいです。


** 専業主婦のメリット、デメリット

兼業主婦の理梨子からしたら、専業主婦なんてめちゃくちゃ羨ましいんですよ!

もちろん、専業主婦なんて絶対イヤ!という兼業主婦もいますが、理梨子はずっと家にいられるなんて素敵♥️というタイプなので。

専業主婦のメリットといえば、手抜きをせずにきっちり家事が出来る、子どもがいる人なら子どもと関わる時間をたっぷり取れる、といった所でしょうか。

デメリットは、家事を完璧にしなければというプレッシャー(人による?)、自分の収入が無い、というところですね。
子どもが生まれて専業主婦になった友達は、自分の収入が無いってつまらない、と言っていましたね。


** 兼業主婦のメリット、デメリット

これは専業主婦のメリットデメリットのまんま裏返しになりますが、

メリット→自分の収入がある。収入があるから夫と対等の立場で居られる。

専業主婦は夫と対等ではない!と言っている訳では無いです。でも外でお金を稼ぐ大変さを知っているから、理梨子はきっと負い目を感じてしまうだろうなぁ…と思うのです。

あとは夫が明日病気で倒れて働けなくなったら?と思うと、夫の一馬力では不安すぎます。

デメリット→家事する時間がない!家汚い!子どもが熱を出したらさぁ大変!!

ブログ書く時間はあるんかいって感じですが(ほぼ通勤時間に書いてるので大丈夫です)

1日あと五時間くらいあればいいのにと思わずにいられません。
人間食べなきゃ生きていけないので料理は比較的頑張りますが、家が汚くても死にませんから!(キリッ

働く母は誰でも悩むところですが、子どもと関わる時間が少ない、子どもの具合が悪い時の仕事の調整…
専業主婦だったら子供に負担をかけずに済むのに、と何度考えたことか…
というか今も悩んでいます。

子どもが小さいうちは専業主婦、少し手が離れたら仕事を始めるというのが理想かも知れませんが、再就職も難しいでしょうからなかなか仕事も辞められないですね。

f:id:ririiro:20180729203321j:plain

** まとめ

婚活男性は共働き希望が多い!男性は専業主婦か短時間パートの妻でOKとすれば選択肢が増えるかも。

婚活女性は無職で相手を探すより、職を持ってから婚活することをお勧め(すんごい美人さんなら話は別)
結婚後も共働きでOKとしないとだいぶ選択肢が狭まりそう。