怪獣二匹を育てる記録

2014年5月に長男、2016年7月に二男が誕生。怪獣二匹の育児と仕事に追われる毎日の記録

保育士試験当日の様子をレポート

保育士試験会場

私は東京都で受験しました。

受験する都道府県は保育士試験に申し込む時に選べますが、
試験会場までは選べません。

東京都は5ヶ所会場があり、
4月の上旬に届いた受験票で受験会場を確認しました。

会場:東京大学 駒場キャンパス

f:id:ririiro:20190428001413j:plain

これ受験票です。ハガキで来ます。

渋谷で井の頭線に乗り換えか。微妙に遠い。

試験当日の持ち物

★受験票

これだけは忘れないで!

と言いたいところですが、
「受験票忘れた方、無くした方は本部で再発行してください」
と試験監督から何度もアナウンスがありました。

忘れてもなんとかなるみたいです。親切。

でも再発行するのにも多少の時間は掛かるだろうし、
何より忘れると動揺すると思うのでやっぱり忘れないで!

★筆記用具

これは本当に忘れないでー!

筆記用具忘れたら何しに来たんだって話ですよね。

私はマークシート用の鉛筆3本+消しゴム+鉛筆削りが
セットになっているものを買いました。

さらにシャープペン2本と消しゴムをもう1つ持って行きました(心配性)

周りの人はシャープペン派が多かった気がしますが、
マークシートを塗るのは鉛筆の方がいいと思います。

★腕時計(時計機能のみの物)

自分の腕時計の電池が切れていることに気付いたのが試験三日前。
電池を替えに行く時間が無かったので100均で500円の腕時計を買いました。

私は会場の教室に時計があったのであまり使いませんでした。
でも時計の無い会場もあると思うので用意しておきましょう。

試験開始30分後と終了5分前は試験監督が知らせてくれるので、
万が一忘れても何とかなりそうですが。

★昼食

駒場東大前駅はキャンパスにほぼ直結してるので、
飲み物の自販機くらいしか見付けられませんでした。

地元で買っていって正解。

会場が行き慣れた場所なら大丈夫かも知れませんが、
昼食や飲み物、合間につまめる甘いものなど、持っていった方が無難です。

★羽織れるもの

外はわりと暖かい日でしたが、建物の中は涼しく感じました(古い建物だから?)
温度調節出来る服装が良いと思います。

試験会場に到着

初めて降りた駒場東大前駅。

渋谷から井の頭線で二駅目と思っていたより近かった。
(何故か渋谷から20分くらいかかるイメージだった)

駅を出ると目の前が東大駒場キャンパスです。
サークルの立て看板が大学ってかんじでした。

どうでもいいですが、私の大学は小規模な地味大学だったので
サークルの看板とかほとんど見たことがなかったです。

駒場キャンパスのように建物がいくつもあるような場所だったら、
試験会場の建物の位置を調べておくと安心です。

今回も別の建物で別の試験をやっていて、
「この人たちの流れに乗っていけばいいや~」
と思っていると全く別の試験会場に連れて行かれてしまう可能性有です。

まあこんな案内が出ているので大丈夫だと思いますが。

f:id:ririiro:20190427125412j:plain

会場には自習室有り

私が学生時代最後に受けた医療系資格の国家試験には
自習室なんて無かったので、ちょっと驚きました。

1、保育士試験は科目合格があるので、
2回目以降の受験で試験時間が空いてしまう人のため

2、一時間の試験だったら30分経てば退出可能なので、
次の科目まで勉強出来るように

という理由で自習室が設置されているんですね。

東大駒場キャンパスは一号館の一階二階が試験会場でしたが、
自習室も一階と二階にありました。

空き教室がいくつか確保されているので、
席が足りなくなるようなことは無かったです。

自習室にいる人は次の時間の試験を受ける人だとは限らないので、
自分できちんと時間を見て試験会場に移動しましょう。

試験が始まるまで~いよいよ本番

会場の教室には試験開始一時間前から入れるので、
一時間前くらいに到着するようにしました。

電車が遅延しても遅刻になると受験票に注意書があったので。

席に着いてお手洗いも済ませて、
よし、試験開始まで○○分だからここまで勉強出来る、
と計算してテキストを開いていたのですが…

試験開始10分前には試験監督からの説明が始まって
テキストも片付けなければならないんですよね。

あと10分勉強するつもりだったのに…と微妙に動揺しました。
当たり前なんですけどね。

学生終わってしばらく経つおばちゃんはその辺の感覚が抜けていましたw

予め個別の受験番号とカナ氏名が記載された解答用紙が配られ

漢字氏名を記入するように指示があり

「この試験の問題は20問です。ページの抜けが無いか
印刷がかすれている所が無いか問題用紙を確認してください」の指示

確認って…開始前に問題用紙開けていいの?と恐る恐る開きました(笑)
パパっと見てすぐ閉じます。

机に乗せていいのは、筆記具、消しゴム、時計機能のみの時計です。
ペンケースは仕舞います。シャープペンの芯ケースは
試験監督のチェックでOKもらえば大丈夫だったかな。

膝掛けや座布団もチェックされてOKもらいます。

事前に「試験開始30分で退出出来るので、退出したら次の試験に備えましょう」
とネットで見ていたので、最初の科目は急いで解いて30分で退出しましたが、
別に慌てて退出する事なかったな~と思います。

目の前の試験に集中するべきですね。

試験終わってからだとトイレが混むから…という話も見ましたが、
私が使ったトイレはそれほど混んでいませんでした。
(これは会場によると思うので気をつけて!)

受験票は科目ごとに毎回チェックされます。
(試験が始まってから試験監督が順番に見てまわる)

科目ごとに受験票を片付けて退出して…とやっていると
受験票をどこかに無くしてしまいそうでちょっと怖かったです。

昼食を食べる場所は?

自習室で勉強しながら食べている人が多かったようです。

試験会場の教室も、試験時間以外なら飲食OKでした。

周りの人はだいたいコンビニで買ったようなご飯でした。

服装は?

普段着でOK!

スーツやかっちり目の服装で行くと試験官に間違われそうです(笑)

私は長時間座るので、緩めのワイドパンツを穿いていきました。
楽な格好がいいと思います。


会場にはスタッフの方がたくさんいて、
自習室の場所等を聞いても親切に教えていただけたので
わりとリラックスして試験に臨むことが出来ました。